TOP > 調査地域 > 埼玉県草加市

浮気調査(埼玉県草加市)

 興信所探偵社に最も多く相談が寄せられるのが、浮気調査といわれるものです。 浮気をしていると、ちょっとした行動や態度に変化が出てきます。最近、大切なパートナーの行動や反応に変化はありませんか?

 少しでも浮気の疑いがあるのであれば、、まずは真実を知る事が第一です。 何も行動せずに不安な毎日を過ごしていても、悩みは消えません。『思い過ごし』『考えすぎ』だと思うようにして、気持ちをごまかしても何も始まりません。それではなにひとつ解決には向かいません。時間が経てば経つほど事態はさらに悪化するばかりです。

 まずは追跡調査によって、現状のパートナーの様子や動きを確認し、浮気相手がいるのか?どの様な相手なのか?を確認し、浮気をしている状況でであった場合には証拠を取っておく事が肝心です。 当社では浮気の行動内容や現場写真を報告書として依頼者様にお渡しておりますので、離婚、やり直しを望む場合にも、活用して頂けます。

埼玉県草加市について

草加市(そうかし)は、埼玉県の市のひとつ。 埼玉県の南東部に位置し、さいたま市・川口市・所沢市・川越市・越谷市に次いで埼玉県内で6番目に多い人口を擁する。国から特例市に指定されている。南側を東京都と接する。草加松原や草加せんべいで知られる。人口は約24万2000人。江戸時代、日光街道で江戸から2つ目の宿場町草加宿として栄え、その周辺部は水田地帯で稲作が盛んであった。戦後当初は5万人にも満たなかったが、高度経済成長期における1963年(昭和38年)の松原団地の造成や、東武伊勢崎線と営団地下鉄(現東京メトロ)日比谷線の相互直通運転開始により人口が爆発的に増大し、急激な都市化が進行した。それに伴い、引っ越しして来た人々が多いので市民の平均年齢は比較的若く、毛長川を隔てて東京都足立区と接しており、東京に通勤・通学する、いわゆる「埼玉都民」が多く、市内の広範に住宅地が広がる。一時期の団塊ジュニア時代よりも草加市の子供の人口は少ないものの、若年層の人口は比較的多い。

興信所雇用調査浮気調査ヘッドライン興信所探偵浮気調査調査会社探偵 興信所