TOP > 調査地域 > 神奈川県相模原市

浮気調査(神奈川県相模原市)

イメージ 興信所探偵社に最も多く相談が寄せられるのが、浮気調査といわれるものです。 浮気をしていると、ちょっとした行動や態度に変化が出てきます。最近、大切なパートナーの行動や反応に変化はありませんか?

 少しでも浮気の疑いがあるのであれば、、まずは真実を知る事が第一です。 何も行動せずに不安な毎日を過ごしていても、悩みは消えません。『思い過ごし』『考えすぎ』だと思うようにして、気持ちをごまかしても何も始まりません。それではなにひとつ解決には向かいません。時間が経てば経つほど事態はさらに悪化するばかりです。

 まずは浮気調査によって、現状のパートナーの様子や動きを確認し、相手がいるのか?どの様な相手なのか?を確認し、浮気をしている状況であった場合には証拠を取っておく事が肝心です。 当社では浮気の行動内容や現場写真を報告書として依頼者様にお渡しておりますので、離婚、やり直しを望む場合にも、活用して頂けます。

神奈川県相模原市について

相模原市(さがみはらし)は、神奈川県北部にある都市。 2010年4月1日付けで県内3番目・全国で19番目の政令指定都市(緑区・中央区・南区の3区制)へ移行した。相模原市は、神奈川県内では横浜市、川崎市についで第3位の人口規模を擁する。2007年3月11日の2町の編入合併により人口は70万人を超え、全国の市で第19位である。相模原市が市制施行されたのは1954年(昭和29年)だが、戦後に市制施行された都市の中では最も人口が多い(さいたま市、北九州市が誕生したのは戦後だが、これら2市は複数の自治体の新設合併により誕生した都市であり、合併時に戦前に市制施行された都市が含まれる)。2010年3月末までの政令指定都市移行と、首都圏サミットへの参加を目指していたが、2009年10月2日に原口一博総務大臣が必要な作業に入るよう指示し、その後、10月23日の閣議で相模原市を2010年4月1日を以て政令指定都市に昇格させることが決定された[1]。戦後に市制施行された都市では初の政令指定都市の誕生となり、2009年4月1日の岡山市に次ぐ19番目の政令指定都市へ移行した。これにより、神奈川県は全国で唯一の3つの政令指定都市を持つ都道府県となる。

興信所雇用調査浮気調査ヘッドライン興信所探偵浮気調査調査会社探偵 興信所